評判が優れたリロケーションを利用

金銭面での負担が小さな様子で借りられて助かった

金銭面での負担が小さな様子で借りられて助かった : リロケーションを貸す側の立場 : サービスの利用開始後すぐに入居者が決定しました

都心部でウェブサービスをはじめとする様々なメディアの提供を行っている会社にて仕事をしていますが、新たに発表された人事異動においてこれまで働いてきた都心部の本社ではなく、地方の支店で働く事が伝えられました。
これまでの都心部の会社では、規模が大きいが故にリーダーや責任者となって舵取りをする経験が積みにくかったものの、支店は本社に比べると規模が小さいという事もあり舵取りをする経験やノウハウを積めると説明を受けた上に、しばらく支店で活躍した後は経験とノウハウを活かし、再び本社にて活躍させてもらえるとも説明がされました。
つまり、一定の期間にわたって住み慣れている土地や住宅からは距離を置くものの、再び戻ってくる事が決まっているという状況に置かれたため考えたのがリロケーションについてでした。
人事異動が発表される少し前に郊外に住宅を購入していたので、本来であれば人事異動で地方で活躍してほしいと伝えられた場合には購入したばかりの住宅が悩みの種になってしまうものですが、すんなりと受け入れる事ができたのは既にリロケーションというサービスを認知していたためです。
しかも、サービスは提供する側と利用する側に分かれる形式になりますが、これまでに利用する側の立場になった事もあり概要はよく理解していたので提供する側になっても気になる事はありませんでした。
以前、利用する側になった時に感じられたのはウィークリーマンションやマンスリーマンションなどの一般的な賃貸物件に比べると、金銭面での負担が小さな様子で借りられて助かった事です。